24時間対応可能!近畿圏で物流ソリューションを展開 | 株式会社 大阪西物流

運送事業

事業内容

運送事業

24時間365日、近畿・中四国の物流に対応
イメージ_ 運送事業1

大阪府摂津市に本社・本社営業所を構え、大阪市、堺市、兵庫県神戸市・高砂市・三木市、京都府八幡市、香川県に営業所を展開。ほとんどを近畿エリアに特化して展開することで24時間・365日、高品質かつスピーディーな物流サービスを提供しています。荷主様の要望に応じて設置した中四国の拠点も着実に事業を成長させており、同エリアの需要に対してフレキシブルに対応するのはもちろん、物流ネットワークをますます充実させています。

冷蔵・冷凍、医療品を中心に大手企業のインフラを支える
イメージ_ 運送事業2

外食・内食のほか中食といった言葉も定着するほど食の多様化が進む現在、冷凍・冷蔵食品の物流は活発化するばかりです。一方、食と同様に人々の暮らしに直結する医療業界においても、治験薬や医薬品の輸送にますます厳格な温度管理が求められています。こうした中、弊社では冷蔵・冷凍機能を持つトラックを十分に揃え、またニーズに合わせて改良・増車するなどの体制を万全に整えており、いずれも大手のスーパーマーケットからコンビニエンスストア、外食上場企業、さらには有名医療品メーカーなどの期待と信頼に応えています。

経営陣・管理職・従業員が一丸となった運輸安全マネジメントへの取り組み
イメージ_-運送事業33

輸送の安全確保に向けては、経営陣・管理職・従業員が一丸となって取り組んでおり、年間6回の安全研修を実施するほか、各営業所単位でもドライバーを中心とする安全会議を定期的に開催。社内外の安全研修に加え、適性検査受診率の向上、運転記録証明書を活用しての個別指導・添乗指導も実施しています。食品や医療品、雑貨といった荷物の特性によって異なる取引先各社様の運搬方法に従うべく、弊社と取引先企業様との共同による安全講習会も開催しています。

大阪西物流の運輸安全マネジメントを見る
わが社の運輸安全マネジメントの取り組み
    • わが社の事故防止のための安全方針
      「輸送の安全」が最も重要であることを自覚し、法令順守はもとより安全に関して継続的改善を行い、「人と社会にやさしい運転」を実践し、事故撲滅に向け積極的に取り組みを実施する。
    • 社内への周知方法
      • 社内・営業所への掲示
      • 社内報「報・連・相」での周知
      • 年間6回(2ヶ月に1度)の幹部会議及び各種会議等での安全研修の実施
      • 各営業所・部署で、定期的に小委員会・安全会議を開催し、全従業員への周知徹底
    • 安全方針に基づく目標
      • 自動車事故報告規則に規定する事故 … ゼロ
      • 休日明けの事故 … 前年比30%減
    • 目標達成のための計画
      • 休日明けの乗務員に対し「安全バッチ」を配布し左胸に着用≪見える化≫
      • 点呼時、各センター、整備工場等での積極的な声掛けの実施≪コミュニケーション≫
      • 各営業所・部署の安全衛生小委員会で策定した安全・事故防止への取り組みの推進
    • わが社における安全に関する情報交換の方法
      • 事故発生時、社内・営業所での掲示
      • 安全会議等職場ミーティングでの周知
      • 点呼時を通じての周知
    • わが社の安全に関する反省事項
           
      • 自動車事故報告規則に規定する事故が1件発生すると共に、加害事故が42件発生し前年の25%減に止まり目標達成に至らなかった。
      • 今一度、安全教育・指導体制を見直し全社をあげて事故減少に取り組む。
    • 反省事項に対する改善方法
      • 事故を検証し原因の究明を行い全従業員への周知徹底
      • 構内ルールの厳守
      • 初任運転者に対する指導の強化
      • 事故惹起者に対する再教育の徹底
      • 全従業員への周知体制の見直し
      • 管理者に対する教育の充実

  • わが社の事故に関する情報
    • 2018年(平成30年)度:自動車事故報告規則第2条に規定する事故 1件

     

平成31年(令和元年)度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)
西物流兵庫の運輸安全マネジメントを見る
わが社の運輸安全マネジメントの取り組み
    • わが社の事故防止のための安全方針
      「輸送の安全」が最も重要であることを自覚し、法令順守はもとより安全に関して継続的改善を行い、「人と社会にやさしい運転」を実践し、事故撲滅に向け積極的に取り組みを実施する。
    • 社内への周知方法
      • 社内・営業所への掲示
      • 社内報「報・連・相」での周知
      • 年間6回(2ヶ月に1度)の幹部会議及び各種会議等での安全研修の実施
      • 各営業所・部署で、定期的に小委員会・安全会議を開催し、全従業員への周知徹底
    • 安全方針に基づく目標
      • 自動車事故報告規則に規定する事故 … ゼロ
      • 休日明けの事故 … 前年比30%減
    • 目標達成のための計画
      • 休日明けの乗務員に対し「安全バッチ」を配布し左胸に着用≪見える化≫
      • 点呼時、各センター、整備工場等での積極的な声掛けの実施≪コミュニケーション≫
      • 各営業所・部署の安全衛生小委員会で策定した安全・事故防止への取り組みの推進
    • わが社における安全に関する情報交換の方法
      • 事故発生時、社内・営業所での掲示
      • 安全会議等職場ミーティングでの周知
      • 点呼時を通じての周知
    • わが社の安全に関する反省事項
      • 自動車事故報告規則に規定する事故は0件であったが、加害事故が5件増加し前年の加害事故発生件数を上回り目標達成に至らなかった。
      • 今一度、安全教育・指導体制を見直し全社をあげて事故減少に取り組む
    • 反省事項に対する改善方法
      • 事故を検証し原因の究明を行い全従業員への周知徹底
      • 構内ルールの厳守
      • 初任運転者に対する指導の強化
      • 事故惹起者に対する再教育の徹底
      • 全従業員への周知体制の見直し
      • 管理者に対する教育の充実

  • わが社の事故に関する情報
    • 2018年(平成30年)度:自動車事故報告規則第2条に規定する事故 0件

     

平成31年(令和元年)度 平成31年4月1日~令和2年3月31日)

お気軽にお問い合わせください TEL 072-654-0308

PAGETOP
Copyright © 株式会社大阪西物流 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.